正攻法のSEO対策

ニュートリッツでは自社のメディアを運用する中で最新のSEO技術を培っております。

決して古臭いSEO技術は用いません。

古臭いSEO技術とは「質の低い被リンクの量産」や「質の低いコンテンツの作成」です。

3年ほど前は質の低いコンテンツを量産し、それらをつなぎ合わせる「スパムリンク」で検索順位を向上する方法が有効でした。

しかし現在は「検索エンジンのAI」が賢くなり、スパムリンクを検知し検索順位を下げる。あるいは圏外に飛ばされてしまうのです。

現在は裏技のようなSEO対策はありません。

もしSEO業者から電話がかかってきたら「どのような対策をしてくれるんですか?」と聞いてみてください。

もし「自社保有のメディアから被リンクをつけます」と言われた場合、検索順位に悪い影響がある可能性が高いので注意してください。

SEO業者であれば、電話営業せずSEOで勝負していただきたいですね・・。

SEO対策とは良いコンテンツを作ること

現在は裏技のようなSEO対策はありません。では、どのようなSEO対策をすれば良いかというと「良いコンテンツ」を作ることだけです。

Googleは自社の検索エンジンを使ってくれる方が満足するコンテンツを上位におきたいんです。もし読者が満足してくれれば、検索エンジンを利用する方が増えGoogleに広告を掲載する方が増えるからです。

その「良いコンテンツ」だとGoogleが判断できるようにするのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」なんです。

その判断項目は200項目あり、例えば共起語、サイトスピード、html構造など多岐に渡っています。これらは一般には公開されてないブラックボックスになっています。

なぜブラックボックスになっているかというと、もし公開してしまうと皆が同じようなコンテンツを作ってしまうからです。

当社では自社でメディアを運用する中で「SEO対策にはどのような項目が必要か?」と探り、独自の指針を培ってまいりました。

その当社だけの指針を使ったホームページを作らせていただくのが、当社のSEO対策を施したホームページ制作です。

もし、SEOにお悩みでしたらぜひ一度当社にご連絡ください。無料でご相談を受け付けております。

→最近はMEO対策も大事になっています。当社のMEO対策はこちらにまとめています。

PAGE TOP